お肌のトラブル

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

投稿日:

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

 

まずは皮膚がんとは?

皮膚がんは皮膚の表皮(表面)・真皮(中層)・皮下組織(内面)のいずれかに生じるがんです。

皮膚がんの9割以上が表皮(一番外側)で発生する悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれるがんだと言われます。

一番表面のため目で見て自己判断が可能な為に、知識があれば早期発見は難しくありません。

また、表皮のがんの場合は血管が通っていないので、がん細胞がほとんど拡散しない為、早期に発見できればほぼ100%完治させることが可能な腫瘍です。

万が一の為にも、最も身近で最もリスク回避の簡単な皮膚がんの知識を勉強してみましょう。

 

皮膚がんの早期発見の為の注意したい7つの症状

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

皮膚がんの早期発見は目視が最も簡単ですが、知識がないと自覚症状が弱い為に全く気づかない人もいます。

理由としてただのホクロやシミに症状が酷似しているので間違えられやすいのですが、皮膚がんである場合は以下のような特徴があります。

  1. ホクロ、シミと思われるものに厚みがある(2mm以上)
  2. 大きさや形が変化する
  3. 色にグラデーションがあり皮膚との境界線が不明瞭
  4. 感触がゴツゴツ、ザラザラしていてシコリがある
  5. ホクロ、シミと違い色ムラがある
  6. ホクロと違いハリツヤがある
  7. ときどき出血したり、内部で炎症している

上記のような判断基準を皮膚科の案内などで見かけますが、特に共通する特徴が2パターンあります。

 

代表的な皮膚がんを一発で見分ける2つの特徴

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

1つは有棘細胞ガンという皮膚がんのわかりやすい共通の特徴として、ホクロやシミに見えるものにかゆみや痛みがあることです。

引っかくと出血したり炎症を起こし、最大の特徴は出血・炎症の際に酷い悪臭がする点と言えます。

もう1つが悪性黒色腫(メラノーマ)の特徴で、ホクロに酷似していますが、触った感触がかさぶたのようにゴツゴツザラザラで、表面が明らかに盛り上がって光沢があるのでわかりやすいでしょう。

 

皮膚がんの5つの原因とリスク

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

皮膚がんの原因は以下のいずれかに必ず該当します。

  1. 紫外線(UV)
  2. 高齢化
  3. 慢性的なお肌の疾患
  4. 過度な放射能
  5. 化学物質

この上記の原因の中でもっとも多い原因が『紫外線(UV)』です。

日本国内のがん患者の中でも皮膚がんは少ないとは言えませんが、世界的に見ると日本は日照環境の関係で患者数が少ない国の1つです。

逆にオーストラリアやユーロ圏は太陽光の紫外線量が日本より遥かに多く、皮膚がんの患者も倍以上いると言われます。

特に『色白で日焼けした時に赤くなる人』は紫外線に対する防御力が弱いので、他の人よりずっとUVケアなどの対策や注意が必要だそうです。

なので、白人の人は黄色人種や黒人の人よりも、ずっと皮膚がんのリスクが高いと考えられています。

 

加齢に伴う皮膚がんのリスク

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

皮膚がんの原因の大半が紫外線と前述しましたが、紫外線というのは蓄積するものだとご存知ですか?

最も紫外線が蓄積するのが皮膚で、60歳の人は60年分の紫外線が皮膚に蓄積されていると考えられます。

当然のように年齢と共に浴びた紫外線量が増えていくので、皮膚がんになる確率もどんどん高くなっていきます。

高齢化が進む日本で、皮膚がんの患者数が年々増加傾向にあるのはそれが理由だそうです。

 

皮膚がんの予防ケアは重要

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

原因となるUVをケアするのが対策としてはシンプルで効果的といえます。

海水浴など場所を限定せずに、またサマーシーズンのみと時期を限定せずに、衣類や基礎化粧品やケア用品でUV対策をしましょう。

蓄積してしまった紫外線を体外に排出するには、代謝をよくするしかありません。

栄養バランスのとれた食事と適度な運動を継続するのが、地味ですが改善策としては最も有効です。

当たり前ですが、適度な運動をする時にも紫外線対策は忘れずにしましょうね。

 

皮膚がんは怯えるよりも自己観察することが大事!

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

皮膚がんは予防やケアをしても、発生してしまう確率を0%には出来ない病気です。

最もアナタがすべき事は、皮膚がんを早期発見できる生活習慣を身に付けることで、もし発見してしまっても早期発見の段階であれば、ほぼ100%完治します。

ですから日々の入浴時で構いませんので、

ご自分の目と姿鏡を活用して身体をチェックする習慣をつけましょう。

幸いな事に、皮膚がんが見えづらい箇所にできてしまうことはほとんどありません。

ほぼ確実に、目の届く範囲や日に当たっている範囲にできるケースばかりです。

正しい知識さえあれば早期発見も完治も、困難な点は無いと言えますので怯えるよりも、きちんと自分の身体とコンディションを把握して生活すれば大丈夫でしょう。

他にこんな記事も読まれています

まさか皮膚がんの症状?皮膚がんの症状を見抜く2つの特徴

ニキビケア商品ランキングベスト3

-お肌のトラブル

Copyright© 肌荒れ・ニキビ・アトピーを完治させる方法30選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.