お肌のトラブル

頭皮が痛いのは危険?頭皮の痛みを引き起こす5つの危険な病気

投稿日:

頭皮が痛いのは危険?頭皮の痛みを引き起こす5つの危険な病気

 

頭皮が痛いのは頭皮に異常が発生している可能性がある

なぜか突然に頭部(特に頭頂部から後頭部にかけて)がビリビリと、電気が走るように痛み出すという症状が存在します。

普通の頭痛と最初は混同してしまいますが、頭痛とは違い広い範囲の頭皮が痛む場合は、頭皮神経痛(後頭部神経痛)という神経からくる神経痛になっているかもしれません。

症状が突然発生するこの頭皮神経痛になってしまう原因と症状と対処について解説しましょう。

 

頭皮に痛みのある頭皮神経痛の5つの症状

頭皮が痛いのは危険?頭皮の痛みを引き起こす5つの危険な病気

様々なリスクのある頭皮神経痛の主な症状を挙げてみましょう。

  1. 頭頂部から後頭部にかけてビリビリと痺れるように痛い
  2. 頭頂部から後頭部にかけてズキズキと傷口があるように痛い
  3. 耳の後ろのあたりが偏頭痛のように我慢できないくらい痛む
  4. 髪の毛をブラッシングするだけで酷く痛む
  5. 痛過ぎて頭を洗うことが出来ない

このような症状が頭皮神経痛の主な症状で、特徴は何の前兆もなく突然に発症することです。

その上、ビリビリと神経に触れるような歯の治療特有の嫌な痛みや、かゆみを伴う辛い傷口のようなズキズキした痛み、または単純に耐え難い我慢できないほどの強い痛みが、広い範囲に発生します。

皮膚神経痛の症状は四六時中ずっと継続して痛むわけではなく、刺激を与えたり体温が上がったりすると発生したり、髪型を整えたりブラッシングしたり髪の毛に触れただけで発生したりと断片的です。

ただし、その症状のまま我慢して通院せず治療をしないでいると、症状が酷くなって痛みが無い時でも頭皮がマヒしたり痺れているようになり、皮膚の下の神経の異常が悪化します。

 

頭皮神経痛を引き起こす5つの原因

頭皮が痛いのは危険?頭皮の痛みを引き起こす5つの危険な病気

頭皮神経痛になると、いかに恐ろしいもので辛い症状が出てしまうのか、ご理解していただけたでしょうか?

ではなぜ、このような頭皮神経痛という症状になってしまうのか、原因を追究してみましょう。

まず、なぜ頭部だけが神経痛になってしまうのかと言うと、頭部(後頭部)には、『通常の神経』と『頭部神経』の2つがあり、『頭部神経』に異常が発生した為、頭部だけが影響を受けるから痛みが頭にだけ出るそうです。

頭部神経に異常が出る原因を挙げてみましょう。

  1. 疲労による自律神経の異常(常に緊張した状態の交感神経の異常)
  2. 過度なストレス(ストレスの緊張で筋肉が硬直して神経を圧迫)
  3. 慢性的な騒音(1番と同じで過度な緊張状態になる)
  4. 姿勢が悪くて身体が歪む(肩こりや眼精疲労で神経異常になる)
  5. 季節の変わり目(環境の変化がストレスや自律神経異常に繋がる)

これら上記の原因によって、頭部神経が圧迫されたり頭部神経に異常が発生したりして、それが慢性化すると頭皮神経痛の症状が現れるとされています。

そして頭部神経が異常事態になってしまう為、頭部神経が通っている頭頂部から後頭部にかけて不快・酷い痛みに悩まされるのです。

 

辛い頭皮神経痛の対処方法

頭皮が痛いのは危険?頭皮の痛みを引き起こす5つの危険な病気

頭皮神経痛は前述の通り原因が何パターンかあるので、一時的な対処法が原因によって変わってきます。

筋肉が緊張状態だったり眼精疲労や肩こりが原因の場合は、入浴やシャワーで身体を温めることで痛みの緩和が可能。

ただし、神経に異常があり痛みが出ている場合は原因が神経周辺の炎症の為、暖めると激痛を伴い、一時的な対処法は逆に頭部を冷やす事になります。

その為に一時的な対処に頼るのではなく、主な原因となっている『ストレス』『疲労』『姿勢』を改善する心構えが重要なのです。

しかし、私生活に仕事や人間関係を抱えている大多数の人が、ストレスをゼロにしたり疲労しないようにするのは不可能です。

なので大切なのは、ストレスは溜まり過ぎないように発散させる方法を用意して、疲労には対策として睡眠環境を改善して疲労回復の為に食生活の栄養バランスを見直します。

ストレス発散は日々の入浴時間を半身浴や低温帯入浴で長めにして悪い汗を全て出し、気分をリフレッシュさせると1日のストレスの半数は解消でき、疲労回復も望めるのでオススメ。

更に、ストレスと疲労に高い回復効果があるのは質の高い睡眠なので、入浴をしっかりしたら睡眠時間を確保して、アルコールを避けて湿度・室温管理と騒音対策をした部屋で、ぐっすり熟睡し、毎日規則正しい時間に起床するリズムを作るとストレス・疲労対策は万全です。

入浴と睡眠だけでも予防効果は大変大きいので、日頃から多忙な人もプライベートな夜の時間を有効活用するようにしてみて下さいね。

他にこんな記事も読まれています

頭皮が痛いのは危険?頭皮の痛みを引き起こす5つの危険な病気

ニキビケア商品ランキングベスト3

-お肌のトラブル

Copyright© 肌荒れ・ニキビ・アトピーを完治させる方法30選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.