お肌のトラブル

耳のかき過ぎには注意!耳の中や奥がかゆくなる3つの原因

投稿日:

耳のかき過ぎには注意!耳の中や奥がかゆくなる3つの原因

 

耳掃除のやり過ぎが原因の4つの悪循環

耳かきが好きな人は多いですし、日本人は世界的に見ても耳かきが盛んな国です。

耳かきが気持ちよく何度もしてしまい、常に耳かきに幸福を感じるのは一種の依存症の可能性があり、原因は耳の中に存在する『迷走神経』という末端神経がマッサージされるからだとか。

ですが一方で、耳かきという文化自体が存在しない国もあるのをご存知ですか?

耳掃除で排除している「耳垢」ですが、お肌の水分や油分のように存在意義があります。

耳垢は耳の表皮の粘膜を保護し、外部からの汚れや雑菌をブロック(抗菌する)作用があり、耳掃除で耳垢をとるというのは、耳の「バリア機能」を剥がしているだけなのです。

現に、「耳かきが生きていく上で必須か?」と考えた際、他の哺乳類や同じ人間でも他の文化を観察すれば分かりますが、「耳かきを生涯しないけど健康的に過ごせている人」は無数にいる事実から、耳かきは「生きる上で必須」ではないと言えます。

ストレス解消に半年に1回位してもいいですが、以下のサイクルにならないように注意!

  1. 耳かきをして耳垢を全て排除する
  2. 耳が耳を保護するために、また耳垢ができる
  3. それを更に耳かきで排除する際に、耳垢が少なくバリアが未熟で傷つけてしまう
  4. 耳を保護する為にできる耳垢の量が増えて、徐々に奥がかゆくなっていく

上記の1~4の流れが耳かきの失敗例と言えます。

もともと耳垢は耳の中の1cm以上の深さには発生しませんが、度重なる耳掃除で刺激を与えてしまうと、徐々に深くまで耳垢が発生してしまい、耳掃除に痛みを感じる深さに耳垢が発生してしまうと、奥がかゆくて辛くなるのです。

上記のように自分ではどうしようもなくなってしまうと、耳鼻科での治療が必要になります。

耳掃除のやり過ぎには充分に注意しましょうね。

 

近年主流の耳栓イヤホンが原因の場合もある

耳のかき過ぎには注意!耳の中や奥がかゆくなる3つの原因

近年主流のイヤホンとして、「周囲の騒音をカットして良質な音質を楽しめる耳栓タイプのイヤホン」があります。

それと共に耳に異常を感じる人も増えていて、その原因がイヤホンの「サイズ」「音量」です。

まず、耳栓イヤホンのサイズが大き過ぎると耳の穴を広げる圧力が一定時間かかり続けるので、耳の粘膜やデリケートな表皮が引っ張られてしまいダメージを受けます。

ダメージを受けたデリケートな表皮は、慢性的な神経痛などの原因になりますが、ダメージが小さく患部も小さいので発生する神経痛も小さく、「痛い」というより「かゆい」という状態が続いてしまうのです。

次に「音量」ですが、有名なIpodやスマートフォンの初期の設定音量が大き過ぎます。

更に、最近の人は若い人から年配の人まで設定を初期音量かそれ以上に設定していて、これは完全に耳の奥に衝撃という刺激としてダメージになる上に、前述した耳栓イヤホンですと発生する音が全て耳の中で反響するので、耳の中や奥に対して軽微では済まないダメージを与えるのです。

それが慢性的に継続されれば、やはり耳の神経に異常が生じ神経痛になります。

後は「サイズ」「音量」どちらが原因でも広い範囲(特に奥のデリケートゾーン)で、小さい神経痛が慢性化して「いつの間にか常に耳の中がかゆい」状態になるのです。

この症状はイヤホンで音楽を聴くのを完全に止めても、自然治癒での完治に1年以上かかります。

 

耳垢を作る機能の疾患が原因な場合の2つの注意点

耳のかき過ぎには注意!耳の中や奥がかゆくなる3つの原因

耳垢を作る器官を外耳道と言いますが、外耳道が真菌(カビ菌)などの繁殖で炎症や湿疹ができてしまうと、耳の中に強いかゆみが発生します。

原因は以下なので該当する人は要注意です。

  1. お風呂に入る時に入浴の仕方が間違っていて、耳の中に大量の水が入ってる(入浴後にケアしない)
  2. 耳かきをする時に力加減が間違っていて、出血やかさぶたができるほど傷をつけてしまう

上記の2点のどちらかに該当すると、外耳道や耳垢が体液を含んで湿気た状態になり、耳に自然と入る真菌(空中を浮遊しているカビ菌)が定着してしまい、耳垢が毒素を含んで炎症を起こしたり、耳の中の傷が炎症を起こして外耳道に湿疹ができるのです。

この症状が出てしまった場合、絶対に耳かきはしないで「すぐに皮膚科」に行って下さい。

診察後の処置(ステロイド剤の塗布)の治療を受ければ改善しますので、医師の治療を最優先にして、心当たりのある原因は治して再発を防ぎましょう。

ステロイド剤塗布の治療は医師が行う場合が多く、その場合は強いステロイド剤が使用されるので、何度も医師のお世話になり繰り返し強いステロイド剤を使用することで、深刻な副作用の可能性もあるので、再発はなるべく回避するようにした方が良いです。

医師に相談する目安は、「強いかゆみが出て辛い」「耳垢が異臭がする」など、わかりやすい自覚症状が出るので、異常を感じたらすぐに病院に行きましょうね。

他にこんな記事も読まれています

耳のかき過ぎには注意!耳の中や奥がかゆくなる3つの原因

ニキビケア商品ランキングベスト3

-お肌のトラブル

Copyright© 肌荒れ・ニキビ・アトピーを完治させる方法30選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.