お肌のトラブル

おまたがかゆいのは性病かも?2つの代表的な性病と対策

投稿日:

おまたがかゆいのは性病かも?2つの代表的な性病と対策

 

若い世代に急増中の性病

性器クラミジア感染症や淋病からエイズまで、性交渉(口での行為も含む)によって感染する疾患をまとめて「性感染症(性病)」と言います。

性病の多くは自覚症状が軽いか無自覚がほとんどのため、エイズ以外の性病に対して軽視している傾向にありますが、近年は性病の患者数の総数が急増中です。

代表的な性病である「性器クラミジア感染症」「淋病」は感染源となる女性に、極めて軽微なかゆみ以外の症状が現れないので、感染源は性器だけではなく口内も含まれるケースが増えて、無自覚に感染症を広げてしまう事態が急増しています。

昔のイメージでは性病の感染源はいわゆる「水商売」のような不特定多数と関係を持つ女性、と言う印象でしたが、近年の性交渉のハードルの低下と開放、多様化によって、10代の学生から20代前半の若い人まで幅広く性病に悩む患者が現れているのです。

中には無意識でパートナーや恋人に性病を移してしまう人もいるので、普通に日常生活をおくっていても注意が必要と言えるでしょう。

 

代表的な性病である性器クラミジア感染症の3つの症状

おまたがかゆいのは性病かも?2つの代表的な性病と対策

現在進行形で最も患者数の多い性病で、「クラミジア・トラコティマス」という細菌感染症です。

女性の性器内部や男性の尿道で炎症を起こし、軽いかゆみをと時々感じることがあります。

女性より男性の方が一般的には、かゆみが強く感じられ悪化すると痛いほどですが、女性は症状が現れないこともあるそうです。

ゴムを付けないで性交渉(口内も含む)によって一発で感染してしまい、大抵は感染させた相手の男性の自覚症状で発覚しますが、発覚が遅れると女性は自覚症状が無いまま、以下のように症状が深刻化します。

  1. 妊娠不全による流産症(子宮頚管の状態が悪化したまま慢性化し、妊娠しても流産してしまう)
  2. 不妊症(子宮頚管だけでなく卵管の状態も悪化が慢性化して妊娠できなくなってしまう)
  3. 分娩時直接感染(生まれてくる赤ちゃんが産道で感染し、新生児肺炎や結膜炎になる)

女性に自覚症状が現れにくいので、「気がついたら健康な赤ちゃんが生めない体に!?」と言う、最悪なケースも見られるので性器に異常を感じたり、パートナーに異常が見られたらすぐに医療機関に行きましょう。

 

淋病も有名な性病の一つ

おまたがかゆいのは性病かも?2つの代表的な性病と対策

男性に多い性病で、女性に感染した場合は前述した、「性器クラミジア感染症」と同様の症状とリスクがあります。

男性は尿道が腐敗炎症するので、かゆみや痛みの他に尿に膿がまじるので、感染したら男性はすぐにわかるでしょう。

淋病は女性が不妊症になる原因の中でも大きな割合を占める性病で、女性に自覚症状が最も現れにくい性病なので、日頃からゴムによる感染予防とパートナーの状態確認は必須です。

淋病は初期症状ならば、抗生物質の投与(服用)で簡単に治療できる性病で、治療から完治まで約1週間前後だと言われています。

ただし、症状が消えても原因菌が1つでも残っていれば再発し、再発は潜伏期間が長く症状が再び現れたときには重症化してしまうので、医師が許可を出すまで抗生物質の服用は継続して下さいね。

 

恥ずかしがらずに医療機関で診療を受ける事が重要

おまたがかゆいのは性病かも?2つの代表的な性病と対策

まずは「どの病院へ行けばいいか?」ですが、男性は「泌尿器科」女性は「産婦人科」が、オススメです。

理由は患者の大半が同性なのでハードルが低いからですが、それでも若い女性は、「産婦人科」のイメージは悪いと思います(妊娠中絶をする場所、というイメージのため)。

しかし、産婦人科は具体的には妊娠や出産を取り扱う「産科」と、生理不順・性病・更年期障害などデリケートな女性の病気を扱う「婦人科」の2つに分かれているのです。

実際に「婦人科」には10代~70代以降まで、幅広い年代の女性が通院しているので、「妊娠中絶する場所」というイメージは不要ですよ。

初診のときに問診表を渡されて、プライベートなことまで詳細に書かなければならず、少し恥ずかしいかもしれませんが、デリケートな内容に感じても医師はそれを専門に扱っているので、将来の子供のためにも、気にせずしっかり受診して完治を目指すべきでしょう。

受診するまで緊張したり恥ずかしかったりハードルは高く感じるかもしれませんが、婦人科を受診する女性は全体の20%以上と5人に1人は受診経験があるものなので、それほど難しく考えなくても大丈夫なので安心してくださいね。

問診表を渡して受診・問診を受けて薬を処方してもらえれば、性病はエイズをのぞいた感染症の大半が1ヵ月かからず完治するので、治療は早目をオススメします。

他にこんな記事も読まれています

おまたがかゆいのは性病かも?2つの代表的な性病と対策

ニキビケア商品ランキングベスト3

-お肌のトラブル

Copyright© 肌荒れ・ニキビ・アトピーを完治させる方法30選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.