お肌のトラブル

かゆみを徹底改善!かゆい体とおさらばする5つの予防法

投稿日:

かゆみを徹底改善!かゆい体とおさらばする5つの予防法

 

冬に身体中がかゆくなる理由とは?

乾燥する冬に、気づけば身体中がかゆいのに対し、「冬と言う季節は乾燥するから仕方ない。入浴後にボディークリームだけ塗っておこう」など、『季節が冬で乾燥しているから』と諦めている人が多いのではないでしょうか。

ですが実際には、お肌がかゆくなってしまう原因は『乾燥』だけではないのです。

細かい日常生活(特にお風呂の入浴)も、大きな原因になっているケースが多いので、この記事を機会に少しでも見直して改善してみませんか?

 

身体のかゆみが起きる冬場の主な原因

かゆみを徹底改善!かゆい体とおさらばする5つの予防法

冬と言う季節に乾燥してお肌がかゆくなる、直接の原因は『乾燥』ではありません。

『乾燥』という状況によって皮膚に温存されている水分が蒸発して水分不足気味になり、また皮脂の分泌も減る為にお肌のバリア機能(保護機能)が低下するのは事実です。

お肌のバリア機能が低下してしまい、ちょっとした外部からの刺激にも敏感に反応してしまい、素材によっては着ている衣類のこすれ(摩擦)にさえ、かゆみが生じてしまいます。

ですから、水分を化粧水と乳液などの基礎化粧品で保湿するだけでは、角質や皮脂といった必要な油分が不足したままなので、かゆみは改善されない仕組みになっているのです。

かゆくて引っ掻いてしまうとバリア機能の無い皮膚の表面に簡単に細かい傷がついてしまい、お肌のダメージが広がっていってしまい、よけいにかゆくなってしまうので、正しい生活習慣(特に入浴とケアの習慣)が大切になってきます。

 

身体中がかゆい時の対処法

かゆみを徹底改善!かゆい体とおさらばする5つの予防法

具体的な対処方法の1つが入浴方法(身体の洗い方と入浴)の改善と言えるでしょう。

身体を洗う時、リフレッシュやサッパリする為に、しっかり洗う意味でもゴシゴシと身体をこすって洗ってはいませんか?

そのような洗い方をしていると、天然の保湿・保護成分である皮脂をとりすぎてしまう上に、お肌の表面に細かい傷をたくさんつけてしまいます。

保護(バリア機能)が失われ細かい傷のついた身体は、ますます外部刺激に敏感になりかゆみの原因になるので身体の洗い方は改善が必須でしょう。

身体を洗うときは、冬場は新陳代謝が落ちていて落とすべき油分(皮脂)が少ないので、ナイロンタオルを使わないで、柔らかいタオルや手のひらで身体を洗う程度で良いのです。

またシャワーや湯船にあまり熱いお湯(41~42度以上)を使わないのも重要と言えます。

熱いお湯は寒い冬には気持ち良いものですが、必要な皮脂をどんどん落としてしまうので、出来れば適温(39~40度)のお湯を使って、湯船はお湯を少なめにして(ヘソの辺りまで)半身浴を長め(15分以上)して身体を内部から温めると良いでしょう。

 

冬に効果的な身体中のかゆみの5つ予防法

かゆみを徹底改善!かゆい体とおさらばする5つの予防法

入浴後には保湿クリームを全身に使ってケアするのですが、保湿クリームによるケアはなるべく素早く行いましょう。

特に以下の部位には入浴後10分以内にケアが必要と言えます。

  1. 手のひら(クリームをパチンコ玉4つ分ほど手に取り、両手にまず満遍なく塗りこむ)
  2. 足首から下(くるぶしの辺りからかかとや足の指先や指の股までしっかり塗る)
  3. ヒジ(刺激を与えないように充分に保湿クリームを馴染ませた後で塗りこむ)
  4. ヒザ(同じく刺激を与えないように充分に保湿クリームを馴染ませた後で塗りこむ)
  5. かかと(2度塗り)

上記の場所は皮脂線が少なく油分が不足しやすいので乾燥しやすく、乾燥する冬場はお肌が荒れやすいので、お肌の水分が一番蒸発する入浴後に蒸発するより早いケアが求められます。

保湿クリームはなるべく尿素が配合された物を使い、塗る時の摩擦で一番弱い状態のお肌に刺激を与えないように、たっぷり保湿クリームを手にとってクリームを滑らせるように満遍なく、しっかり塗りこむようにしましょう。

市販のボディー用の保湿クリームの尿素配合タイプがベストで、間違っても保湿用のハンドクリームで代用しないで下さいね(同じ尿素配合でも成分が全く違います)。

他にこんな記事も読まれています

かゆみを徹底改善!かゆい体とおさらばする5つの予防法

ニキビケア商品ランキングベスト3

-お肌のトラブル

Copyright© 肌荒れ・ニキビ・アトピーを完治させる方法30選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.