湿疹

幼児・赤ちゃんの湿疹は皮脂が原因!負担をかけない適切な対処方法

更新日:

幼児・赤ちゃんの湿疹は皮脂が原因!負担をかけない適切な対処方法

 

乳児湿疹の多くが脂漏性湿疹を発症する

赤ちゃんのお肌に出る湿疹を総合的に「乳児湿疹」と総称で呼びますが、その中でも多い症状が脂漏性湿疹です。

症状の特徴は赤ちゃんの身体には湿疹が出来ずに、首から上に軽度~重度の炎症が出ます。

  1. 頭の表面に黄色いかさぶたが沢山できる湿疹
  2. 眉毛・おでこ・ほほのお肌がカサカサして垢のようなかさぶたがでる
  3. 顔全体に赤い湿疹が出る

症状は3パターンに大別できて全く違う症状ですが、特に強いかゆみがあるわけではなく、いつも通りの赤ちゃんの行動を観察して、お肌にだけ異常がある場合は脂漏性湿疹の可能性が高いです。

赤ちゃんの体質・肌の厚さ・免疫力の強さによる個人差で患部の状態も差がありますが、生後数週間から4ヶ月目くらいまでの幼児に多く見られる疾患で、この脂漏性湿疹はお肌の厚みと免疫力の整う1歳あたりで完治し、再発もしなくなります。

生まれてからの経過時間が短期間であるほど、アトピー性皮膚炎との判別が難しい症状ですが、アトピー性皮膚炎との最大の違いは、アトピー性皮膚炎は「凄くかゆい」ので、症状が現れた後の赤ちゃんの行動を観察すれば、すぐに判別できるでしょう。

 

脂漏性湿疹の原因とは?

幼児・赤ちゃんの湿疹は皮脂が原因!負担をかけない適切な対処方法

生まれたばかりの赤ちゃんは成長スピードが速い、つまり新陳代謝がとても活発な状態の上に、お母さんの女性ホルモンの影響が身体の中に残っています。

その2つの要因のために、生まれてから3~4ヶ月目までの赤ちゃんは、皮脂の分泌量がとても多い体質を持つのです。

この体質的な問題は、生まれた赤ちゃんが成長する過程で必ず通る道であり、ほぼ確実に起こるごく自然的な現象なので、あまり心配し過ぎないで下さいね。

ただその体質が原因となり、この時期の幼児のお肌は常に汗をかいたり皮脂を分泌したりするので、ただ寝ているだけでもどんどん汚れが溜まってしまう状態と言えます。

更に汗や皮脂の分泌部分である毛穴が大人より当然小さいので、簡単に皮脂が詰まってしまい、詰まった毛穴に分泌され続ける汗と皮脂が毒性の成分として排出できず一部吸収された結果、脂漏性湿疹を起こしてしまうのです。

また、分泌されて体外に排出されてお肌の表面に皮脂や汗がたまってしまうと、人間のお肌の表面に常在菌として付着しているカビ真菌の異常繁殖や活性化によって、毒性の強い刺激物質がお肌の表面に増えてしまい、やはり脂漏性湿疹の原因になると言えます。

 

赤ちゃんに負担をかけない脂漏性湿疹の対処方法

幼児・赤ちゃんの湿疹は皮脂が原因!負担をかけない適切な対処方法

脂漏性湿疹は皮脂の過剰分泌が原因ですが、原因が「本来の体質」である為に原因の除去は不可能なので、ポイントは分泌された汗と皮脂を、「いかに溜め込まないように対応するか」つまり、顔や身体の脂汚れをこまめにケアして常に清潔な状態を保つかが、一番の対処方法でしょう。

なので、脂漏性湿疹になってしまったら、毎日の入浴の時にしっかり皮脂汚れやかさぶたに付着した脂を、やさしく丁寧にまんべんなく洗い落とすことが大切です。

ただし要注意点として、幼児のお肌は大人の粘膜(歯茎など)のように非常に薄くてデリケートなので、ゴシゴシとこするように洗うと、すり傷になってしまい悪化したり違う疾患の原因になります。

清潔な手のひらで、ベビーソープやベビーシャンプーと言った低刺激のベビー用品を利用して、撫でるように優しくマッサージするように洗ってあげましょう。

後は念のため、ほとんどかゆくない脂漏性湿疹ですが引っ掻いてしまうケースもあるので、赤ちゃんの爪を丸みを持つように短く切って、引っ掻いても悪化を防止できるように、処理してあげると対処法としては充分ですよ。

他にこんな記事も読まれています

幼児・赤ちゃんの湿疹は皮脂が原因!負担をかけない適切な対処方法

ニキビケア商品ランキングベスト3

-湿疹

Copyright© 肌荒れ・ニキビ・アトピーを完治させる方法30選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.