お肌のトラブル

かゆい鼻もこれで安心!アロマでセルフケアをする2つの方法

投稿日:

かゆい鼻もこれで安心!アロマでセルフケアをする2つの方法

 

鼻のムズムズにアロマが効果的?

アレルギーや鼻炎などで鼻づまりが慢性的だったりすると、鼻がいつもムズムズして「鼻をかんでもスッキリしない」状況って辛いですよね。

そのような人にオススメしたいのが、精油を使ったセルフケアの方法です。

精油はアロマオイルを指し、簡単に言うと「自分でアロマテラピーしましょう」ということになります。

近年、いろいろなシーンでアロマが大活躍して人気を集めていますが、鼻づまりのムズムズでもアロマは役立ちますよ。

 

人間の気管に効果的なハーブの種類とは?

かゆい鼻もこれで安心!アロマでセルフケアをする2つの方法

一口にアロマと言っても、その素材となるハーブは多岐にわたりますし効能も様々です。ここでは一般的な『お鼻などの呼吸器官に関係するアロマオイル(精油)』の効能を紹介するので、ご自分の身体の症状や悩みに合わせて選んでみましょう。

  1. マートル(鼻炎の緩和、鼻水や鼻づまりの解消)
  2. ユーカリ(ノドの呼吸器官の炎症を緩和して殺菌)
  3. ティーツリー(花粉症などのアレルギー緩和、お茶にして飲むと殺菌消毒と免疫アップ)
  4. ペパーミント(鼻づまりの解消とストレスの解消)
  5. カモミール(目やノドの粘膜の炎症を緩和してアレルギーの症状を抑える)

自分の症状とその原因から見て、自分にあったハーブを使ったアロマオイルの効能や働きで、セルフケア(セルフアロマテラピー又はハーブティー)しましょうね。

 

デリケートなお鼻をアロマテラピーで簡単に癒す方法

かゆい鼻もこれで安心!アロマでセルフケアをする2つの方法

お鼻のアロマテラピーで一番手軽なのが、イメージは悪いですがティッシュでの直接吸引方法です。

ティッシュにアロマオイルを一滴たらして、顔を近づけて直接吸引します。

もう少し手間をかけていいのなら、ティッシュの他にマスク(サンド形式)を用意して下さい。

ティッシュにアロマオイルを染み込ませたらマスクの中に挟み、マスクを装着すれば常時アロマテラピーできますよ。

他にも清潔なハンカチに数滴しみこませて、定期的にニオイを嗅ぐように吸引するのも効果的です。

ティッシュやハンカチで直接吸引する場合は、アロマの効果は2~3時間で失われるので、30分おきに吸引して午前に1滴、午後に1滴と2回程度はアロマを補給しましょう。

 

間接吸引でのアロマケアは効果が高い!

かゆい鼻もこれで安心!アロマでセルフケアをする2つの方法

間接吸引方法のアロマ使用は、手間と時間がかかりますが効果が高いのでオススメ。

手順があるので、見やすいように箇条書きにしますね。

  1. 沸騰したお湯(約1リットル)を用意する(煮沸ポット・鍋・ヤカンOK。水道水で良い)
  2. 耐熱コーティングがしてある洗面器に沸騰しているお湯を入れる(容器が溶けないよう注意)
  3. アロマオイルを沸騰しているお湯に数滴落とす(1リットル3滴くらいで香りは微量に感じる程度)
  4. 沸騰したお湯が冷めるまで(最低5分で最大15分)、洗面器の上に覗き込むように顔を配置し深呼吸

上記のように蒸気によって吸引することで、呼吸器全体にアロマテラピーが実践可能な上に、蒸気(湯気)のおかげで呼吸器への加湿効果もあり、潤いのある粘膜はアロマ成分が効率よく吸収されるので、たまった鼻水もスルッと解消されて鼻の粘膜のムズムズもリフレッシュします。

繰り返す事で呼吸器官自体の健康促進にもなり、つまりは鼻づまり予防にもなるので、1回最低5分以上の吸引をするのを、定期的に行うと良いでしょう。

セルフでできるアロマテラピーは、非常にローコストで効果が高いので、女性だけでなく男性にもオススメですよ。

他にこんな記事も読まれています

かゆい鼻もこれで安心!アロマでセルフケアをする2つの方法

ニキビケア商品ランキングベスト3

-お肌のトラブル

Copyright© 肌荒れ・ニキビ・アトピーを完治させる方法30選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.